TOPページ > 投資家情報 > その他 > ディスクロージャー・ポリシー

投資家情報

ディスクロージャー・ポリシー

情報開示の基本方針
当社グループは、株主・投資家の皆様に適時・正確かつ公平な情報を提供するため、金融商品取引法、適時開示規則等、各種法令を遵守した法的開示を行います。
市場がもとめる情報を的確に把握し、当社の財務内容や事業活動状況等の経営情報を開示するとともに、経営理念を明確に伝え、それらに対する意見・批判があれば真摯に受け止めていきます。さらに適時開示規則の定めでは開示義務に該当しないと思われる会社情報に関しても、投資家の投資判断や得意先との取引などに影響を及ぼすと判断されるもの等についても積極的な開示・公表に努めていきます。
情報開示の方法
情報の開示にあたっては、東京証券取引所(JASDAQ市場)の定める適時開示規則に準拠して重要事実を開示するほか、 金融商品取引法におけるインサイダー取引規制上の公表措置が完了した後、当該情報をすみやかに本ホームページにも掲載いたします。 また、適時開示規則に準拠しない情報についても、適時開示の趣旨をふまえて、タイムリーかつ公平に開示いたします。ただし、本ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。なお、本ホームページに掲載されている情報は、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もありますのでご了承ください。
情報開示をお断りする場合と沈黙期間について
当社では、競争優位上あるいは守秘義務契約上、特定の情報に関するお問合せにお答えできない場合があります。また、未公開の重要事実については一切言及をお断りいたします。また、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の3週間を沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせて頂きますので、ご了承ください。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表いたします。

pagetop