事業概要

EMS事業

(エレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス事業)

設計、実装から物流、修理まで
基板実装にワンストップで対応

EMS事業

事業分野

  • 電子機器製造受託サービス

事業概要

市場変化、景況変動に柔軟に対応可能な
「製造業のファブレス化」がカギ

私たちは「人材供給の機動性と人材開発力」、これにEMS事業の製造受託ノウハウを融合させた、独自のビジネスモデルを有しています。今、このEMS事業に新たな風が吹いています。キーワードは「製造業のファブレス化」です。市場がグローバルに拡がる中、景況は地政学的リスクも絡み、目まぐるしく変化します。景況変動に対し、どれだけ迅速に対応できるかがカギであり、日本の「製造業」においては、事業の選択と集中に加え、「ファブレス化への転換」が進んでいます。ここにEMS事業の成長の種が生まれています。

 

国内外のエンジニアがいるからこそできる
高い実装能力と低コストの生産ラインを実現

電子機器は、省エネ家電や自動車、デジタル化が進むアミューズメント機器など、暮らしに欠かせません。その製造工程において、基板実装技術はとても重要な役割を担っています。当社では、EMS事業において「neo EMS」(進化型EMS)というビジョンを掲げており、これまでにない基板実装のソリューションをお客様に提供しています。
電子機器製造受託サービス事業では、設計、実装、組立から試作、部品調達、検査、海外生産、さらに物流、修理、カスタマーサービスまで、電気・電子製品製造のあらゆる領域とプロセスにおいて、ワンストップで対応することが可能です。そして、一貫生産・量産はもちろん、プロセス単体・少量多品種など、柔軟な生産体制を構築しており、それを支えているのが国内外のエンジニアです。技術に国境はありません。グループのシナジーを活かしながら、高い実装能力と低コストの生産ライン構築で、お客様のご要望にお応えします。

「設計から生産まで“丸投げ”ニーズに対応する」、多面的なサポートを実施

株式会社テーケィアール(TKR)の各拠点の機能・役割
  • 「発展途上国におけるメガEMS」:マレーシア、ベトナム、メキシコ
    高信頼性が求められる分野、多品種少量生産系(車載関連、産業機器など)
  • 「熟成したマーケットにおけるテーラーメイド型EMS」:中国(東莞)
    設計開発力、コスト競争力が必要な分野、大量生産系(デジタル民生機器など)
  • これらの機能を高めるため、テーラーメイド型である中国・東莞の拠点には、商品設計まで行うR&Dセンターを設置
  • 国内拠点は「開発はできるが製造インフラをもたない」というお客様向けに製造管理業務の構築やインフラなども提供
EMS事業

PAGE TOP