株主・投資家情報

ONO's Voice

強い志で世界を拓く

先日、証券会社からお声掛けをいただき、投資家セミナーで話をさせていただく機会を得ました。
nmsホールディングスに、初めて触れる方も多く、当社沿革や現在の事業構造に至る考え方などを紹介し、質疑応答も行いました。
この中で感じたのが「日本の製造業はどうなるのだろうか」という思いを持っておられる方が多いということです。

かつて日本は、世界に冠たる製造立国でした。
日本人の勤勉さや、アナログ技術における精緻な商品開発力をもとに戦後大きな成長を遂げてきました。
しかし、現在は、中国、韓国、ASEANを中心とした新興国にその座をとってかわられつつある状況です。
ロボット化やIT化など、アナログからデジタルへと移行する中、かつて日本の技術を支えてきた、職人ともいうべき技術が人に依存しなくなったこともその要因のひとつだと思います。

昨今、日本の製造業はファブレス化を推進し、基幹部品以外の完成品製造からの撤退が顕著になっています。
nmsホールディングスグループはこれらを積極的に取り込んでいきます。
そして、日本の製造技術の伝承を担い、さらにはIoT、省力化、IT化を推進することで、いつの日か、台湾のフォックスコンに追いつき、追い越したい、という思いです。
(10年前は大笑いされましたが、今は微笑みに変わりました。)

日本の製造業のファブレス化は、私たちの成長機会となります。
風をしっかりと掴みながら、強い志を持ち、一歩一歩進んでいきたいと思います。

画像

7月2日証券セミナーにて

画像

TKRメキシコ:Sony Electronics Inc.より事業の一部を譲受し、2019年4月より当社グループ拠点として操業開始

画像

TKRベトナム:2019年4月プレス工場完成、今後、実装組立工場も開設予定

PAGE TOP